心の中に白くて四角い部屋がありまして。

その日、私は自分の白い心に鍵をかけた。

篠原愛紀/八生愛綺

青春 完結
3時間2分 (108,747文字)

22 513

あらすじ

その日、私は自分の白い心の部屋に鍵をかけた。 その日、私は自分の白い心の部屋に鍵をかけた。  もう二度と、誰にも侵入させないように。  大きな音を立てて、鍵をかけた。 何色にも染めないように、二

感想・レビュー 1

絶望から立ち直るために

心の声が漏れてしまう主人公と、他人のオーラの色が見える男性との出逢い。 この運命的な出逢いが、お互いのツラい世界をとても素晴らしい世界に変えてくれたのに・・・ その後のもっと厳しい試練に、絶望的な気
ネタバレあり
2件