雨垂れ拍子

ぼくはまだ小学生で、そのときも猫を抱いていた。

0 4

青春 完結
4分 (1,890文字)

あらすじ

ぼくはずっと、彼女の家に通っている。 猫の世話をしないといけないから。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/6/9

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る