#04 贖罪

光を纏う少女。影を負う少年。

6 112

12分 (6,792文字)
妄想コンテスト「傘」応募作品

あらすじ

贖罪 意味:犠牲や代償を捧げることによって罪過を贖うこと。和解。赦し(atonement) 広辞苑第6版(岩波書店2011年) 『少女』の悲しみ、少年の後悔。彼女の願い、彼の祈り。 背負う罪と、贖

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

感想です

雨音の響く教会で少女とふたりきり。 感傷的でどこか郷愁的な雰囲気のある作品です。 全篇が密度の高い文章で綴られていて、"少年の目から雨の残滓が零れた"など美しい表現が多々あります。ラスト、罪を告白した

その他情報

公開日 2019/6/12

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る