3時のあなたと9時の私

よく”娘は父親に似た男を伴侶に選ぶ”なんて言うけれど、私は絶対にそんなことはしない。

111 294

恋愛 完結
11分 (6,008文字)

あらすじ

まだ私たちは付き合っているわけではないから、これをデートとは言わないのかもしれないけれど、私の気持ち的には立派な初デートだった。 それなのに、彼が連れてきた場所は…… 2019.6.16 執筆

タグ

シリーズタグ

目次 2エピソード

感想・レビュー 1

サラッとしていて、それでいて心の中に優しい温もりが残るお話です。

あー、続きが読みたい! 感想タイトル通り、サラッと読めます。 梅雨のようにジメジメしていなくて、初夏の風のように爽やかなお話。 でもその中には、この時はこうだったのかな? ああだったのかな? と想像力

この作者の作品

もっと見る