ずっと、いっしょ。

コンビニで、盗まれてしまった私の傘。それは、恐ろしい事件の始まりに過ぎなかった。

16 94

ホラー 完結
11分 (6,537文字)
一番怖いものは、悪意でさえないのかもしれない。……つまりはそういう、ちょっと気味の悪いお話です。

あらすじ

――な、無い!私の傘が、無い!  私がコンビニに駆け込んで充電器を買った、その僅か五分後。私が愛用していた赤い傘はなくなってしまっていた。誰かに盗まれたのか、そう思って落ち込む私。そこにやってきた後

サブジャンル

その他のキーワード

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

怖ーい

 読み易く一気に惹きこまれる文体でした。部下の仕業というまさかの展開が斬新でした。主人公の女性の焦りが手に取るように分かります。携帯小説も意識していて上手に場面を描写しておられます。しいて言えば題がネ

これは傑作。

新作紹介でタイトルに惹かれてなんとなくページを開く。レビュー目的ではないのでもう、普通にページを捲る。 惹き込みが上手い。 これは面白そう。 あるよね、こういうこと。 わたしもあったわ、ショックだ

その他情報

公開日 2019/6/15

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る