傘猫堂 ~心の雨に優しさの傘をさしましょう~

傘猫堂、そこはいったいどんなところでしょう。

景綱

13分 (7,651文字)
楽しんでくれたら幸いです。

16 382

あらすじ

ある日、片瀬恭吾は仕事を辞めて小説家になろうなんて思いつく。だが母に反対されて雨の中傘もささずに飛び出してしまう。 恭吾は公園の東屋をみつけて雨宿りをするのだが、そこで不思議なことが。 夢なのか現実な

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

ハートウォーミングな作品です

心の雨露をしのぐ心の傘屋。素敵な設定です。誰だって、やりきれない思いや、悩み、迷いの雨に降られた経験があるはず。そんな時、こういう場所があったらいいなと憧れる世界を読者に提供しています。傘と猫のビジュ
1件1件

この作者の作品

もっと見る

この作品を含む作品リスト 1件

その他情報

公開日 2019/6/22