しおり

私は図書館サポーター。この春から図書室の主となりました。

あかつき草子

50分 (29,955文字)
本を読む楽しさを知った、小学校の図書室を思い出しますよ!

23 209

あらすじ

赤木花は、やっと自分にふさわしい仕事に就いた。 それは、図書館サポーター。 図書室の本を整備したり、子どもたちの読書の支援をしたりする。 学校という新しい現場で、試行錯誤しながら、仕事の楽しさを実感

感想・レビュー 4

やっぱり本は素敵なものです

子供達のキラキラ。この作品を読まなければ思い出す事はなかったかもしれない懐かしい光景。そして図書館サポーターとなった主人公の奮闘が、優しい文章で描かれます。 いやぁ、良かったなぁ。 堂々と人にオスス

応援したくなるヒロインの登場として、このうえない幕開けになっていました。

図書館サポーターの素敵な仕事が生き生きと描かれています。読書好きとはいえ、楽しい面ばかりではない。まず前任者からの引継ぎができないという最初の障害にぶつかります。新たな図書室の本に対して「新参者だけど
3件1件

しおりは道標

あかつきさんからお仕事に対する想い、子供達の永遠のパスポートなどの言葉を聞き、それ自体がもう既に物語だと思っていました。 そしてこのコンテストに応募される意思がある、と知った時、テーマに普段のお仕事を
1件4件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る