今を生きた男のブルース

搾かすでも、与えることが出来れば人の心は埋まる。*短編ハードボイルドです。

32 271

14分 (7,851文字)
粋な男を描きたいです。笑

あらすじ

そいつは小汚い、物乞いも同然だった。 過去も、未来も、棚上げした男。 今を生きた男。 俺に出来たのは、1セントを指で弾く事だけだった。 *「あの子がいなくなった」投稿作品

目次 1エピソード

感想・レビュー 4

不要な言葉の装飾を削ぎ落したハードボイルド

こういう作品は私には書けません。うらやましいです。

行ったこともないのに、メンフィスの街が頭の中に

舞台は、アメリカ、テネシー州。 全体に、サックスの音色が流れる。 そして、紫煙に煙るBARの店内。 がやがやとした話し声、音楽。手前のグラスの中の氷がぶつかる音。 私は日本のBARでさえ、あまり行った

ぬるいブラッディマリを飲みながら。

軽快なリズムで語られるブルースと喧騒が心地よい作品。 主人公の男はフリーの探偵でしょうか。ポリスでなく殺し屋でもない距離感でストリートを歩く彼もまた作品によい味を出しています。 夢に生きる男の末路を笑
もっと見る

その他情報

公開日 2019/9/11

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る