ぼくはさいしょに手をつなぐ

ぎゅっとね。

19 314

1分 (451文字)
妄想コンテスト「あなたを嫌いな理由」に参加させていただきました。

あらすじ

手を繋ぎ、一緒に笑って、友達になる。 くすぐったいけど大事なこと。 いつか、「自分」を持つのに勇気がいらなくなりますように。

感想・レビュー 2

読ませて頂きました。

心温まる話でした。子供に読ませてあげたいなと思いました。

たったひとりの行動や言葉が、大げさではなく、ひとを救う

ひとは独りでは生きていけません。だれかと繋がっていなければ成りません。だからこそ、その繋がりが酷いものであっても中々断ち切ることができない。そこから一歩踏み出すことが出来ない。 だからこそ、こうして、

その他情報

公開日 2019/6/27

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る