平行世界の調律師

「…ね?酷い音でしょ」

美木 いち佳

14分 (7,812文字)
妄想コンテスト「あと5分」に参加させていただきました。

9 496

あらすじ

いやにファンタジーな夢を見た。 「これは最底辺の第65535弦」 そこに現れた調律師が言った。 「貴方の、世界よ」 チカリ、煌めくそこへ、手を伸ばせば必ず――。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る