見えないことで、見えるもの。

俺は最後に一度だけ演技をする。

西秋 進穂

14分 (7,997文字)
いつも感想・応援とても励みになります。どうもありがとうございます。

1 26

あらすじ

俺と俺の彼女・風花は役者の卵だった。 ある日、演技指導の休憩中に風花が突然尋ねてきたのを覚えている。 「ガラスって何で透明か知ってる?」 結局、俺は説明を聞いてもイマイチピンとこなかった。   そして

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る