ひいらぎソーラービーム

公園のベンチにただ座っている冬月柊が気になっていた

西秋 進穂

青春 完結
14分 (7,989文字)
読んでいただきありがとうございます。

3 34

あらすじ

停学中の暇さから散歩をしてみた俺は、かなりの寒さの中公園のベンチに座るクラスメイト・冬月柊を見つけた。 時刻は午後二時半。本来なら授業中のこの時間に、彼女は一体ひとりで何をしているのだろうか――。

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

登場人物にほっこりとします

悲しい事情を抱えた人物たちなのに、その会話がかわいらしくてほっこりしました。 悲しさを温かさが包んでいる、そんな優しいお話だと思います。 素敵なお話をありがとうございました!
1件1件

この作者の作品

もっと見る

その他情報

公開日 2020/10/27