A Winter's Tale

悲しさだって、いつかは思い出の中に溶けていく。雪のように。

0 0

16分 (9324文字)

あらすじ

あらすじはありません

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

ファンタジックな冬のストーリーの導入部でした。

雪景色の街が舞台。冷気を読み手が体感できる描写が見事です。冬花が注文されたココアを作る手順の紹介も丁寧です。彼女が好感を抱いた男は静かに店を去る。冬花が自分の珈琲を淹れようとケトルを引き寄せるほど静謐

この作者の作品

その他情報

公開日 2019/6/29

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る