幸せな復讐

お前の結婚式前夜……僕たちは最後の儀式のように身体を重ねた。

志生帆 海

BL 完結 過激表現
18分 (10,219文字)
読んで下さる方が少しでも癒され、幸せな気持ちになれるお話を書きたいと思って、日々更新しています。

677 2,332

あらすじ

お前の結婚式前夜 僕たちは最後の儀式のように身体を重ねた。 明日から別々の人生を歩むことを受け入れたのは、僕の方だった。だから……最後に一生忘れない程、激しく深く抱き合ったことを後悔していない。でも僕

シリーズタグ

感想・レビュー 2

瑞樹の幸せを願ってます。

「幸せな存在」を知り、先にこちらから読ませて頂きました。凄く優しい気持ちになりました。凄く好きだった彼との別れ…その瑞樹を優しく見守り続けた宗吾。これから幸せになってもらいたいと思います。この続きを楽
1件1件

そっと見送って立ち去る瑞樹の悲しみに胸を打たれました。

背徳の告白をする新郎の一馬。昨晩、彼とベッドを共にしたのは同じ大学だった瑞樹。見合いをした女性と一馬が結婚することになり、瑞樹は身を引いた。そして、最後の愛を交わす2人。お互いの身体をむさぼるように味
1件1件

この作者の作品

もっと見る