雨を操りし男

ある時は日照り続きの大地に雨を降らせることができ、またある時は数日にわたる激しい雨を止ませることができるその男とは……。

5 204

14分 (8,165文字)

あらすじ

 ある時は日照り続きの大地に雨を降らせることができる、またある時は数日にわたる激しい雨を止ませることができる男がいる。水龍というその男は、30代とおぼしき風貌以外はすべて謎に包まれている。  これは、

感想・レビュー 2

お恵みだす。

レビュー初心者のガヤと申します! この作品は、時代ものでありながら、「雨」という現代と何ら変わらない自然現象をテーマにしており、とても美しいお話でした。 また、とても読みやすく、表現が豊かで情景が目

世界観がとても美しかったです。

はじめまして。 月野文葉と申します。 コメント失礼致します。 現代では雨が何日も降らないからと言って、作物の実りが遅くなることはあれど、大飢饉になることはありません。なので昔の人のこうした神様と人と

その他情報

公開日 2019/7/5

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る