ひとりのはつじょうき

発情期が近い咲夜(16歳)。火照る身体を一人で何とかしようとしていると番の伸弥から電話がかかってきて

136 164

BL 完結 過激表現
5分 (2,971文字)

あらすじ

16歳の咲夜は初めての発情期を3ヶ月前に迎えたばかり。 学校から大好きな番の伸弥の住む家に帰って来ると、待っていたのは「出張に行く」とのメモ。 2回目の発情期がもうすぐ始まっちゃう!体が火照りだし

この作品に含まれるキーワード

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

甘々で初々しい「はつじょうき」

初めて読んだ時の驚きたるや凄まじかったです。甘い。とにかく甘い。 咲夜くんの可愛くも切ない悶えと伸弥さんの甘い導き…尊いです。 カップル二人が対面していないのに、ここまでキュンキュンさせてくれるモグさ

溺愛すぎてホント好き

伸弥さんがイケメン過ぎてイケボなのも素晴らしい。 咲夜の喘ぎ声なんか聞いちゃったら気が気でないでしょうよ~っ!!! だってもう可愛すぎっ、さらっと読めるし溺愛好き押しです。

その他情報

公開日 2019/7/7

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る