ひとりくらし+

幸也「お前マジで内見のときどこにいたの?」 幸「天井裏」 幸也「忍者かよ」

0 1

概要・あらすじ

作者: 名々詩
SF 休載中
14分 (8,218文字)
進学を機に上京してきた青年と、居候(仮)の少女の日常。 とりとめもないようなそうでもないような日々を切り取ったり取らなかったり。

タグ

感想・レビュー 1

物語に引き込んでくれる素晴らしい幕開けでした。

冒頭で交わされる男女の会話。恋人同士かと思いきや、女性は座敷童子と明かされて驚きます。「子供扱いしないで」と言いつつ、頭を撫でられるとご機嫌になる姿がキュートです。幸也と幸が過ごすほのぼのした日常。で

この作者の作品

その他情報

公開日 2019/7/9

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る