眠れ赤き馬

最期の時、最強の馬は二人の男を思う

π乙侍

4分 (2,093文字)

3 48

あらすじ

超・妄想コンテスト104回「赤」応募作品 三国志に登場するあの馬を取り扱ってみました

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

拝見しました。

よい意味で暑苦しい作品でした。筋骨隆々で鼻息の荒い漢たちが目に浮かぶようです。こういう「天才のみがお互いを知り得る」的な話大好きなので、楽しく読めました。 力強いのにすべてが回想であり、なおかつ作品の
1件2件

この作者の作品