妖精を嫌いな妖精 ティン子

パッと現れスッと帰る。あと腐れの無い妖精達と織りなす曼荼羅模様ファンタジーコメディ。妄想コンテスト参加作品です。

4 105

3分 (1,680文字)
ティン子……。ちょっと名前が危うい感じなので、何回も続けて呼んだりしないでくださいね(笑)

あらすじ

深川洋一郎之介(ふかがわ・よういちろうのすけ)という中学生が、さまざまなテーマを持った妖精と出会うだけのお話。 いきなり現れ、自己主張だけをし、唐突に帰る、そんな無茶苦茶な妖精たちに、これまた自分勝手

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/7/16

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る