狭間宿、妖堂へようこそ

私が突然滞在することになったのはあの世でもこの世でもない狭間の宿屋?

23 20

元気になれるようなストーリーを作りたいと思い書きました。一生懸命な女性と妖の物語です!

概要・あらすじ

作者: 天野あひる
1時間12分 (42,803文字)
突然の浮遊感に気持ちよくなっていたところに、突然現れた宿屋「狭間宿 妖堂」。自分の名前すら思い出せない状況で、目の前に現れたのは、金色の目をした、きれいな男性。「閻」。その側近として仕えているのは筋肉

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/9/19

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る