消えた家族

ミステリー を軸とした 性愛と知性とが共鳴する 熱い火花が散る恋愛小説 

23 162

ミステリー 連載中 過激表現
1時間53分 (67,247文字)
優しさと寂しさは同じ色。勇気と狂気もよく似てる。奇想天外と平々凡々も表裏一体。あなたの隣に恐怖はある。

あらすじ

中学3年の少女と少年の出会い。ミステリーと共に進展する恋愛。過激な性的表現は、青春の中で性愛が持つ力を示したいため。性愛を生きる力に変えながら人は成長する。ミステリーの進展と解決と共に、試練を乗り越え

タグ

感想・レビュー 1

人が人を想うと言う事

1人の少年が少女に会い、そこ「愛する事」を見出します。 その過程の話であり、丁寧に心情が綴られています。 作中、少年の台詞回しが独特で「え!?厨二!?」と思われそうな部分もありますが、話が進むと、理由

その他情報

公開日 2019/7/31

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る