8866(ハチハチロクロク)

5 34

2分 (978文字)

あらすじ

あらすじはありません

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 3

読ませて頂きました。

心に響く話だなと思いました。

無垢な魂は、彷徨の果てに…☆

幸いにも、この物語に出会えたあなたへ。 出来るだけ目を閉じずに、物語をお読み下さいませ…♪ 瞼を閉じてしまったのなら、消えてしまいそうなほどに…ここにある言葉たちは、儚くて、そして眩ゆくって…。

8866の意味はわからないが

【それぞれの地で、陽の光を浴びて・・・花を咲かせたんだ】 きっと、なにかきれいな花、そうか咲いて、綿になって空を飛んで。そうかタンポポだ。 そうだね、きっと花というのは誰かに気付いて欲しくて、注目

その他情報

公開日 2019/8/10

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る