受賞

骸の氷

氷屋が運ぶ、得体の知れない氷

トレミー

ホラー 完結
12分 (6,802文字)
平安時代が舞台のホラーだよ!

12 91

あらすじ

 平安の世、まだ氷が珍しい時代のお話。氷職人を名乗る千丸という男がいた。  毎年秋になると朝廷に氷を届ける仕事をしていた。  しかし今年千丸が運んだ氷は、底知れぬ恐怖と冷たさを潜めていた。  平安

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

おもしろかったです!

ヤバい氷でした! こんなことが起きたら本当に怖いです。 読みやすくておもしろかったです!
1件

この作者の作品