手の中の人魚が干からびるまで

なんでマサミがそこまでしてやるの、と友人たちは怒る。それは決してお人好しだからではなく…

永野水貴

14分 (7,862文字)

2 38

あらすじ

あたしが世話をするのは“人魚姫”こと飯田りりか。天然な言動で同性の反感を買うりりかにとって、あたしは唯一の友人。 甲斐甲斐しくりりかの世話をするあたしに、他の友人達はなんでそこまでしてやるのかと怒る。

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る