受賞

春の雨に彼は傘もささず、

ぼうっと花見をするみたいな無頓着さで、傘もささず一人で雨の中ベンチに座っている彼は…

34 83

13分 (7,698文字)

あらすじ

ある雨の日、わたしは通勤途中にある公園で、雨にうたれながらぼんやりベンチに座る一人の青年を見る。 気になりながらも一度は通り過ぎる。それからしばらくして、また彼がベンチに座っているのを見かけたわたしは

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

使う言葉がとても好きです

このサイトで、一番最初に読んだお話です。 短くても心に残る、切なくて素敵なお話でした。 何度も読み返しています。
1件

この作者の作品