一年一夜を百束ね、百番目の姫は語る

《語り姫》が私以外にもう誰も残っていない。百人もいた語り姫が、いまや私一人なのだ。

13分 (7,787文字)
あらすじ
目次 1エピソード
感想・レビュー 0件

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日:2019/5/5

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます
もっと見る