あの子の思い出

「あの子がいなくなった」応募作

13 92

3分 (1,603文字)
謎…ということで、ミステリーのジャンルにしました。

あらすじ

夏の日に、田舎で遊んだはずのあの子はいなかったのか…

読者の感情

タグは登録されていません

その他のキーワード

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

記憶をノックする、あの子は……

幼い頃の思い出。 いつもは忘れているのに、時々記憶の扉がノックされる。トントンって。 でも幼い頃の記憶は古い写真のように色あせて、本当にあったことなのか、別の記憶が混ざっているのかわからない。 そして

その他情報

公開日 2019/8/15

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る