星降るほどの悲しみを・・・

終戦記念日に公開させていただきました

21 255

2分 (845文字)

あらすじ

あらすじはありません

この作品に含まれるキーワード

感想・レビュー 2

空一杯の星空を・・

戦争は一部の誰かの利益や、選民主義によって 国民の不平や不満を上手く操作して起きる気がします。 僕らが冷静に相手を理解しようと努力し、自分と違うものを尊重できれば おじいさんのような辛い悲しみは、回避

星語り

戦争で友人を亡くしたおじいちゃんの気持ちが、飾りのない文章から、素直に心に届きます。余分な説教もないのに、戦争の傷痕を訴えることのできるのは、作者の計算された筆力の成せる技だと思います。

その他情報

公開日 2019/8/15

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る