受賞

真っ白な殻と繭に包まれて

包帯、ギプスに魅入られた2人の女性。自らを傷つけ続け、やがて日常の階段を踏み外し禁断の世界へ・・・。

餡久瑠

ヒューマンドラマ 完結 過激表現
1時間0分 (35,605文字)
web小説初めての作品です。温かい目で見守って頂けると嬉しいです。

166 2,700

あらすじ

人に言えない趣味をもつ由香里。 ある日、街角で女性に声をかけられたのを切っ掛けに運命が大きく変わる。 「 あなたそれフェイクでしょ 」 突然掛けられた声に驚き私は肩をすくませた。 半呼吸をおき恐る

感想・レビュー 3

言語化むずかしい

箍が外れた場面と、その後も無秩序がずっと続くのを、頭の中をクラクラさせながら読みました。 ラストの貴子さんの再登場とエピローグから、理性を失っているのでなく組み伏せているような印象を受けました。快楽へ
1件1件

令和を疾走する「禁断の書」

素晴らしい作品でした。余韻を暫く楽しめそうです。 自虐の旋律が奏でる触れてはいけない危険過ぎる領域。一度触れてしまったら、決して逃げることが出来ない快楽の海に引き摺り込まれてしまう。 危険な世界観が
2件1件

ありがとうございます。

以前別のサイトにアップしていた時から楽しませて貰っていました。 久しぶりに作品が読めてとても嬉しかったです! 餡久瑠さんの書く小説は文体や構成が読みやすく、それでいて程よく生々しい描写もあり毎日楽しく
1件1件

この作者の作品