秋色のルサンチマン

ある失恋男の嘆きと嫉妬の行方についてです。いわば、アンソロジー風の詩的表現の連鎖です。酒でも飲みながら読んでください。

6 182

12分 (6,890文字)
部分的に修正しました。

あらすじ

嫉妬の崩壊を想像してください。それは勝利なのか、敗北なのか、愛によって癒されるのか。さて・・・・

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/9/7

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る