インナーチャイルド

いたのに、いない。それはなぜ?

1 5

1分 (296文字)
『いたのに、いない』ではなくて、本当は『いないのに、いた』。

あらすじ

インナーチャイルド、それは行き場を見失った幼いころの分離してしまった「内なる子ども」。 振り返ることができるようになってから、遠い思い出になってから、その存在に初めて気づく。 ※本作は『詩』です。

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/8/29

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る