手紙 ("短編連作")

私の文房具屋には手紙を書くために亡きものたちが集う……(短編連作)

26 432

13分 (7,599文字)

あらすじ

私の文房具屋には亡きものが集う。 抱え続ける思いを誰かに伝えるため。 バラ売りの便箋と封筒を買い、手紙を書く。 彼らはどこから現れ、どこに帰っていくのだろう…。

目次 3エピソード

感想・レビュー 1

手紙

「手紙」 まず文房具屋という舞台設定のせいか、静かで清楚な雰囲気が漂う。人が行き来する場所なのに、静かに物語が展開していく。封筒や、便箋という小道具のせいかもしれないが、かなり上品なイメージで読んで

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

その他情報

公開日 2019/9/11

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る