黒魔女の繭

結局私たちはきっと、黒魔女の手の平の上で踊らされていただけだったのだ。

15 10

ホラー 完結 過激表現
2時間54分 (103,892文字)

あらすじ

黒魔女が死んだ。 1999年7月、『竜崎千鶴』という少女が殺された。 黒魔女と呼ばれる彼女を殺したのは、彩音、涼子、塩田、ゆき、水橋の五人だ。 彼女の祟りなのか呪いなのか、共犯者たちは次々と怪死して

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/9/21

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る