受賞
白銀時代

贖罪の屍者

他人の腐乱死体に魂を押し込められた男の贖罪の顛末。

御陵

6時間0分 (215,642文字)
何とか無事に完結できました。皆さまのおかげです。ありがとうございます。

168 5,731

あらすじ

屍霊術師の女、パペッタに魂を抜かれ、その魂を他人の腐乱死体に押し込められた男。 パペッタは、それを「贖罪」だと言うのですが……。 ◎本作は海野 眞さまとの「腐った男と腐魔女」のコラボになります。  

シリーズタグ

感想・レビュー 1

おなじみ白銀シリーズ

固定読者さまには今更でしょうが、ガッツリヒロイックファンタジー 魔法が織り成す幻想世界 でもちゃんと人が書かれております。 主人公の屍者(なまえは作中ネタバレになりますので割愛します) 魅力的なユディ
2件3件

この作者の作品

もっと見る