二人の再会

二人は、十年ぶりに再会した──

板倉恭司

11分 (6,087文字)

1 8

あらすじ

 大山は、高校時代の同級生であり友人でもあった高田と、電車の中で十年ぶりに再会する。だが、高田の様子がどうもおかしい。大山は彼を駅で降ろし、話を聞くことにした。

シリーズタグ

感想・レビュー 1

二重のどんでん返し

目次に「真相」とあったので、どんでん返しがあるのだな、と注意深く読み始めました。 そのうち、内容の突飛さに驚いて(大山が高校を辞めた原因が妙にリアルでした)どんでん返しのことを忘れ、気がつけば二重の
1件2件

この作者の作品

もっと見る