生まれた時から、運命の君へ

近すぎて、気づかなかった。ヒートが来て初めて気がついた。“ああ、この人が……僕の、運命だ”、って。

クルミ@多忙

BL 完結 過激表現
1時間24分 (49,882文字)

564 2,682

あらすじ

兄弟というよりは、恋人。 朝起きてのおはようのキス、いってらっしゃいのキス、おやすみなさいのキス。 そっと触れ合うなんて普通で、ぎゅっと抱きしめて、唇を触れ合わせて。 それが当たり前だと思っていた。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る