特集

紅の呪い師

舞台は中華──とある旅芸人の一座で渦巻く、復讐と欲望に塗れた人間たちの行く末は

Ryuren

歴史・時代 連載中
9時間54分 (355,824文字)
行間が狭くて読みにくいと感じる方は、お手数おかけしますが設定で広くする事を推奨します。

90 1,661

あらすじ

若くして一人前の犬芸人となった美青年・彪林(ひゅうりん)は、自信家で少々傲慢な性格だった。ある日、そんな彪林が所属する旅芸人の一座に、五人の少女が売られてくる。少女たちに稽古をつけることとなった彪林

感想・レビュー 1

最初は取っ付き難いかもしれないけれど、読んでみればあら不思議。

作者さんの最初の注意書きにあるように、確かに行間が詰まり気味で最初は読みにくいと感じてしまうかもしれない。 でもそこは設定で何とかなる。とりあえず私は何とかなった気がする。 あらすじに惹かれて読み始
2件1件

この作者の作品