千年の封印が解けるとき

病弱な封印の守人×薬師のほのぼの時々シリアスな和風ファンタジー。

65 351

ファンタジー 連載中 過激表現
1時間24分 (50,029文字)
特集『新作セレクション2/13』に掲載していただきました!  〜木、金、土、日、更新です〜

あらすじ

 重大な罪を犯した一族の血を引く者を総称した呼び名、罪家。  罪家の征丸はその出生から都で処刑されそうになる。  偶然助けられ、それから薬師の家で使用人として悶々とした日々を送っていた征丸は、ある日

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品