千年の封印が解けるとき

病弱な封印の守人×薬師のほのぼの時々シリアスな和風ファンタジー。

nayuta

ファンタジー 完結 過激表現
2時間36分 (93,563文字)
特集『新作セレクション2/13』に掲載していただきました! 

141 1,858

あらすじ

 罪を犯した一族の血を引く者を総称した呼び名、罪家。  罪家の征丸はその出生から都で処刑されそうになる。  偶然助けられ、それから薬師の家で使用人として悶々とした日々を送っていた征丸は、ある日、村の

感想・レビュー 1

企画へのご参加ありがとうございました

最終ページまで拝読いたしました。 古い日本の風景描写が細やかでした。 呪術的についても作り込まれていてキャラクターも魅力的でした。 一番好きなシーンは月ちゃんが総次郎にアレを渡すところです。 点と点
1件1件

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

この作者の作品