浅見川市怪奇譚 10

『インタビューの終わりに』人生哲学をほんの少し。

黒井之みち(くろいの)

10分 (5,739文字)
この世とは一体なんでしょう。

9 224

あらすじ

今年もよろしくお願いします。 新年一作目は怖くないお話です。 幽霊も化け物も出てきませんが、哲学的なお話がかけたのではないかなと思います。 白い世界から男が持って帰ったものは、なんだったのでしょう。

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

今までの浅見川市怪奇譚とは一味違う

ホラー要素の強い怪奇譚が多い中で、他とは違う哲学的な話でした。個人的にもっとも印象深いのは一番最後の画家のシーンです。それぞれの色々ひとつひとつは生きる上で力になる象徴だけど、それを全て混ぜるともっと
1件

この作者の作品

もっと見る