春色の君

”君”の帰りを待つ。※BLNL両方含んでいるような気配があります。人により注意ですが、解釈によると思います。

黒井之みち(くろいの)

8分 (4,595文字)
桜が咲く時期のお話です。

11 212

あらすじ

 僕は"君"と、ずっと一緒にいた。大人になって、君が出張に行くまでは。 スマホ画面の向こうで。今年も君は「もうすぐ桜が満開だ」と言う。  移り変わる場面をお楽しみください。SF風味もあります。

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

切ない春の思い出でした。

胸が緩く締まるような感覚です。なんと言っていいのか、言葉にしがたい気持ちです。色々な事を考えさせられる物語だと思いました。次回作も楽しみにしています。
1件

この作者の作品

もっと見る