江戸闇稼業【黒業師】―闇に光る黒業―

法の向こう側で暗躍する裏稼業。その名も、[黒業師―くろわざし―]

米昆布茶

34分 (19,829文字)
「必殺」を意識しつつ、オリジナリティのある作品にできたらと思っています。

13 348

あらすじ

江戸時代。 北町奉行所同心・夜薙雨源次は、心の中に鋭利な何かを抱えながら日々を過ごしていた。 ある日、押し込みの罪で捕まっていた男が牢屋敷から逃げ出した。 男の手がかりを求めて訪れた[わたりや]という

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る

その他情報

公開日 2020/1/15