黒業は桜の樹の下で

闇でしか照らせない、哀しみの暗闇。裏稼業・黒業師[―くろわざし―]は今夜も暗躍する

米昆布茶

35分 (20,683文字)
「必殺」を意識しつつ、オリジナリティのある作品にできたらと思っています。

4 282

あらすじ

黒業師・[あかね]の早雲のもとに、男が運び込まれた。 川岸に流れ着いていた男。 治療の甲斐あって意識は戻ったが、彼は記憶を失っていた。 彼の素性を確かめるため、同心であり同業の夜薙に相談しに行くと、桜

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る