バケモノと子どもたち

大自然を守るためバケモノに立ち向かう子どもたちは、聖なる力を得て神になる。

哀村圭一

14分 (7,995文字)

22 1,327

あらすじ

父に憧れ、王立騎士団に入団したクルド。数々の魔物との戦闘を経て、王国を代表する騎士へと成長していく。 一方で、大自然の中で暮らす子どもたち。森の子ラミィは、迫りくるバケモノに、生まれ育った森を追われ、

タグ

感想・レビュー 1

1章からの2章の展開の切り替えに鳥肌がたちました。

 最初は展開の進め方があまりにも早すぎるのでは?と、感じました。  次から次へと現れるバケモノたち、それに抵抗する人間たち。  ですが、2章に入ったとたんの切り返しとバケモノたちの正体に唖然としました

この作者の作品

もっと見る