超究極完全無欠・完全自動運転完全無人運行路線バス

地域の足、全自動運転のコミュニティバスには、トンデモ事情を抱えた乗客が乗っています

はやくもよいち

SF 完結
9分 (5,235文字)
自動運転の路線バスって、実用化されるのでしょうか。かつての「テレビ電話」になるのでは? と心配です。余計なお世話ですが。

6 42

あらすじ

自動運転で走るコミュニティバスには5人の乗客がいた……。 未来に起こるかもしれない(?)ややダークなSF短編です。 ※三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第118回「バケモノ」で「優秀作品」に選

感想・レビュー 2

同じ自動運転交通に関する小説をエブリスタで書いています

初めまして、楽しく読ませていただきました。  私も、同じくエブリスタで自動運転システム交通について書いています。私の方は佐々山電鉄という架空の鉄道が事故で運行停止になってアメリカの巨大企業が自動運転シ
1件

先が気になる展開の連続

よいちさま☆ 面白かった! あらすじやタグなど見る前に本編を読み始めたので、ああ~、個人スケジュールとバスの止まる場所が連動するなんて素晴らしい。などと未来に思いを馳せながら楽しく読ませていただいたの
1件1件

この作者の作品

もっと見る