24歳の雛鳥

雛鳥にとって、いつまで経っても親鳥は親鳥である事は変わりない。それぞれが抱える気持ちには、それぞれの色があった。

井垣尚哉

1時間55分 (68,922文字)

35 2,822

あらすじ

「あなたとは、もう無理かもしれない」妻はそう言い残して、僕の元から去っていた。お腹に新しい命を抱えながら。 二十数年経った時、久しぶりに前妻の姿は、喪服姿だった。その葬儀には、若い方が参列していた。

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る