メグル・メグル・ロンド

冬枯れの広場のベンチに掛けたまま…世界旅行へ出かけませんか…?

澁谷沓 【しぶやくつ】

10分 (5,924文字)
こんな世界旅行とか…ダメ…?

37 2,560

あらすじ

冬枯れの街並。 少年は、写真と地図を隠し持つ男と出会う。 『旅行案内業』と称する男は、少年へと言葉をかける。 「世界旅行へ、出かけてみないか?」と…♪

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 3

まるで絵本を一枚ずつめくっていく感覚

上質な絵本を読んだ気分です。 謎に包まれたままの設定にも惹かれますが、銅貨とか幌張りとか、小物の使い方にもわくわくする! とにかく世界観が私好みで素敵でした。 読ませていただき、ありがとうございました
1件

『世界には、多くのことばがある。多くの神が、人種が』

冬枯れの広場のベンチに掛けたまま…世界旅行へ出かけませんか…? 三枚の銅貨を握りしめた少年。12月の寒空の夕暮れ。凍りつく舗道をのめりながら・・・で始まる物語。 こんな経験は誰にでもありますね。で
2件

優れた文学作品を読んだ思いです‼︎

この小説は、知らず知らずのうちに大きな事件に関わっていたであろう少年の物語です。 作者は敢えて多くを語らない。少年の日の思い出として書いています。 それが秀逸なのです。 最後に
3件3件

この作者の作品

もっと見る