開かない扉の向こう

やさしい人はひとりも登場しません

boly

BL 完結 過激表現
24分 (14,332文字)

35 141

あらすじ

将来を嘱望される精鋭が集う初等部から大学、大学院までを擁する私立男子校。敷地内に建てられた学生寮のうち、最も古く現在は使われていない北側の寮で、毎週金曜の夜ほのかに明かりが灯る部屋がひとつだけある。

感想・レビュー 1

何とも言い難い余韻が残ります。

この先どうなってしまうのでしょう。 ストーリーの行く末は作者さんのみぞ知る、ですけれども、大きな嵐の向こうに光があってほしいと祈ってしまいました。
1件1件

この作者の作品

もっと見る