十六夜の空に浮かぶ三日月

太宰治は「恥の多い生涯」と言った。では私の人生はどんなものだったろうか。

若月

15分 (8,749文字)
連載スタートしたばかり。ゆっくり気ままに更新していきます。

4 109

あらすじ

前々からエッセイを書くことに憧れておりました。 ブログを開設すべきか、でも簡単なものならTwitterでいいのではないか? などなど悩みながらもこちらに連載をすることに。 過去を振り返りながら

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品