セイント -白の誓約-

届け、この願い。響け、この叫び。   封印された過去。その謎が解けた時、光の意味が分かる。

夜降る雨

ミステリー 完結 過激表現
7時間38分 (274,562文字)
畏怖さえ覚える光。蘇る戦慄の予言。深まる大屋敷の謎。交錯する恋慕。後半は辛い描写が続きますが、頑張って読んで頂きたい!

20 435

あらすじ

 時々見る白い光の夢に悩まされている高校3年生の泉和子(いずみわこ)。  ある日、偶然目に入った高校生と教諭の入籍報道を見て、強烈なショックを受ける。  それは和子が産まれ育った町の出来事だった。記憶

感想・レビュー 1

率直に、深く感動しました!!

白い光の存在、加えて自分が過去に寄り添い庇おうとした少女の手紙によって、自らに内在する「闇」の部分が露呈し直視できるようになったことが、また和子にとって「光」に近づく一歩だったように感じます。 暁の自
1件1件

この作者の作品