特集

毒蛾のさなぎ

恐怖で遊ぶ子供と、恐怖を知らない子供のラブストーリー。戦慄のクリスマスパーティーが始まる。

夜降る雨@暫く留守にします

ホラー 完結 過激表現
2時間5分 (74,941文字)
冒頭の紙芝居は、実際に私が小5の頃にクリスマス会で発表したものです。作品はモチのロンでフィクションですけど(^∀^;)

35 3,995

あらすじ

五年二組のクリスマス会で一つの紙芝居が発表された。 書いたのはクラスでも比較的地味な女子、館内聖花(たてうちせいか)。 担任の城ノ内はその内容に絶句する。 ホラーを描く子どもの心理とは。 マウント取

感想・レビュー 3

善とは悪とは、主人公たちが子供である意味とは

 読後おそらく一週間ほどたってしまいました… 感想を書くべきか悩みました。なぜかというと、すでにすばらしい感想をお二方書かれているからです。 けれども、ひとつ書きたいと思う点があり、書かせてもらうこと
ネタバレあり
1件1件

闇に舞う毒蛾

この作品のタイトルに作者である夜降る雨さんの言外のメッセージを強く感じました。主人公は敬虔なキリスト教一家の中で育ち、その倫理観の中で生きています。それでいながら主人公は自我の目覚めと同時に善悪に対す
1件2件

人間の自由や尊重について再考を促される、現代において大切な作品です。

この数百文字の感想を書くのに、読み終わってから丸一日かかりました。 凄惨な物語を小学生の女の子が創作する、というショッキングなイントロで物語は始まります。 その行為、動機の善悪や正当性は完全に支持で
ネタバレあり
2件3件